【わかりやすい働き方改革の進め方】働き方改革セミナー(研修内容は組み合わせ自由)

【わかりやすい働き方改革の進め方】働き方改革セミナー(研修内容は組み合わせ自由)

※最終更新 2019.4.19

働き方改革で社内で導入したいが、そのきっかけをどう作ろうか悩んでいる。
あるいは社内で進めているが、なんとなく勢いがつかない…

といったお声を聴くことがあります。

それはある意味当然の事で、社員が10人いれば10人とも「変わりたい!」「変えたい!」と思っている組織はほとんどありません。

「特に変えなくてもよいんじゃない」「変えようとすると余計に忙しくなる」と変わることに対して否定的な方は、必ずいらっしゃいます。

それは「自分にとってメリットがある」と感じていないからです。

変えることで何の良いことがあるのか、自分が関わる意味は何なのか。
また、何のために変えていくのか。

働き方を見つめ直し、変えていくには、しっかりと共有し進めて行くことがとても大切だと感じます。

2019年4月1日から「働き方改革関連法」が順次施行されております。
社内の対応状況はいかがでしょうか?

弊社では、第三者(専門家)の存在をうまく活用することで、社内の働き方改革を円滑に進めることができる研修プランを用意しています。

「つべこべ言わずに守りましょう」という押しつけではなく、共に良くなるために皆で共有する機会を作りたい、と考えられている会社様にはオススメです。

【組み合わせは自由】御社の状況・ニーズに合わせて研修内容をお選び下さい

研修は3つのコースがあります。
以下の1・2・3のコースから御社の状況やニーズに合わせて、自由に組み合わせてください。

もちろん、1つの研修のみでも結構です。

上記のご案内リーフレットをダウンロードされたい場合は、以下のURLからダウンロードしてください。
http://04auto.biz/brd/kes-niesul/001-Y4ZZEd.download

★お申込み・お問合せはこちらから
お問合せ・お申込みフォーム

コース1.キックオフ編~「なぜ、今変わるのか」

・わが社を取り巻く環境
・他社事例
・働き方を変える「目的」と「みらい」
・身近にある働き方改革の必要性

所要時間:30分~1時間

コース2.法律理解編~「改正内容を分かりやすく」

・何がどう変わり、どう影響するのか
・労働時間や「時間外」の知識を整理
・社員同士で共有することで浸透を促す

所要時間:1~2時間

コース3.チェンジ編(実践編)~「時間管理 3つの改善法」

・1日、1か月、プロセスに着目した改善法
・時間管理の意味
・ワークを通した実践的内容
・チームで進める時間改善のすすめ方

所要時間:1~2時間

「所要時間」とはすべての内容をお話するにあたって要する時間の目安です。

じっくりと時間を取ることが出来れば良いですが、業務の都合や社員の方の出勤時間等の都合でどうしても限られた時間になることと思います。

書かせて頂いている時間を目安に、御社が確保できる時間の中で、内容を調整いたします。

実際に、様々な組み合わせ事例があります。
導入事例はこちらからご覧ください。

研修対象者は、全社員、役員・経営層、管理職、人事部向けなど御社のご希望をお聞かせください

研修対象者は、御社のご希望をお聞かせください。

【これまでに実施させていただいた対象】
・全社員向け
・役員・経営層向け
・管理職向け
・人事部向け
・労働組合向けなど

実際に、様々な対象者向けに研修を行っています。
導入事例はこちらからご覧ください。

費用(講師料)は、組み合わせた研修の時間数に応じて決定

講師料は、研修時間数×7万円(税別)です。

例えば、
1研修のみをお選びいただき、「1時間研修」の実施でしたら7万円。
3つ全ての研修を組み合わせ、「2.5時間の研修」の実施でしたら17.5万円です。

なお、研修内容に書いている「所要時間」とはすべての内容をお話するにあたって要する時間の目安です。
じっくりと時間を取ることが出来れば良いですが、業務の都合や社員の方の出勤時間等の都合でどうしても限られた時間になることと思います。

書かせて頂いている時間を目安に、御社が確保できる時間の中で、内容を調整いたします。

実際に、様々な組み合わせ・時間で研修を行っています。
導入事例はこちらからご覧ください。

なお、講師は弊社代表の神野ほか、一部上場企業様や中小企業様向けセミナーなど経験豊富な講師が伺います。

交通費につきましては、実費を頂戴いたします。

★お申込み・お問合せはこちらから
お問合せ・お申込みフォーム

導入事例ご紹介

A社様の事例:とりあえず「きっかけ」を作りたい

選択したコース:キックオフ編のみ

実施理由:
社内だけでキックオフすることも出来たが、第三者から他社事例なども含めて「なぜ変わろうとしているのか」を分かりやすく話してもらい、勢いを付けてスタートしたかった

カリキュラム:
1.経営者ご挨拶
2.なぜいま働き方改革なのか
3.働き方改革とは
(時短だけではない変革)
4.自分で決める働き方
5.今後にむけて(担当部署から)

研修時間:
1時間

費用:
7万円(税別)

B社様の事例:まとまった時間がなかなか取れないので、3か月に分けて実施

選択したコース:キックオフ編+法律理解編+チェンジ編

実施理由:
社内の人員だけで進めるのは難しいので依頼しようと思ったが、平日3~4時間も取ることが難しく、月1回のペースで1回1.5時間の時間を確保した。1回きりではなく、継続できたことが良かった

カリキュラム:
【第1回】キックオフ+法改正解説①

【第2回】法改正解説②+時間改善ワーク①

【第3回】時間改善ワーク②+まとめ

研修時間:
計4.5時間(1.5時間×3回)

費用:
31.5万円(税別)

C社様の事例:人事部と労働組合の合同勉強会を開き、互いに「改正点」を理解

選択したコース:キックオフ編+法律理解編

実施理由:
普段、労使協調路線で進めているからこそ、法改正内容をともに勉強し、同じ知識を持ったうえで会社の今後を話し合うことに意味があると感じたため実施した。

カリキュラム:
1.なぜいま働き方改革なのか
2.働き方改革とは
(時短だけではない変革)
3.法律改正解説
(会社に関連する部分を特に詳細解説)

研修時間:
2時間(質疑応答含む)

費用:
14万円(税別)

D社様の事例:法律知識より実践的な内容を

選択したコース:チェンジ編のみ

実施理由:
残業削減など社内での施策は打ち出しているものの持続しないため、「自分一人で進める」のではなく「チームで進める時間改善」を促進するため、業務に直結する内容を実施した。

カリキュラム:
1.なぜいま働き方改革なのか
2.1日・1か月・プロセスで
見直す時間改善方法
3.チームの「落とし穴」を探す
4.「管理する」の本当の意味
5.これからのアクションプラン

研修時間:
1.5時間

費用:
10.5万円(税別)

お申込み・お問合せは専用フォームから


お申込み・お問合せは以下のフォームから行ってください。
お問合せ・お申込みフォーム

ご案内リーフレット

ご案内リーフレットのダウンロードはこちらから
http://04auto.biz/brd/kes-niesul/001-Y4ZZEd.download

★お申込み・お問合せはこちらから
お問合せ・お申込みフォーム

【主催会社】
株式会社Niesul(ニースル)(ニースル社労士事務所併設)所在地:
◎本社
〒550-0005 大阪市西区西本町1-8-2三晃ビル210
TEL:06-6536-2207 FAX:06-6536-2208メールアドレス:
mail@e-sr.infoコーポレートサイト:
https://www.e-sr.info/事業内容:
人事コンサルティング事業 「職(はたらくこと)×生(生きること)みらいデザイン」
1.ツナガル(人事プロジェクトを通した組織活性)
2.ナニスル(研修・講演、キャリアコンサルティング)
3.ヨクスル(自然共生事業・みんなの実家「おあつまり」運営)
4.コミュニティ運営(女性生き活き「おあつまり隊」、「お母さんのためのしあわせ学」主催)
5.生き活き企業・生き活き人になるためのお役立ちサイト「有機人々(ゆうきじんじん)」運営